小児歯科

 

 


小児歯科

 小さな子供は、歯科医院の臭い、音、などの雰囲気がにまず抵抗があることがほとんどです。大人のようにいろんなことがわかっているわけではありません。まず歯科医院の雰囲気に慣れていただくことが大切です。当院では泣く子を押さえつけてまでの治療はしていません。時間はかかってしまいますが、歯科医院は痛くないこと、怖くないことを子供にわかっていただいてから治療に取り掛かっています。

 子供の歯の治療で一番大切なのは、子供に恐怖心を感じさせないことです。保護者が何度も病院に連れてくるのが面倒だという理由で、治療を急ぎ、痛みを感じてしまった子供は2度と歯科治療に協力してくれなくなります。保護者が最初に我慢強く対応することで、子供の歯を守ることができます。

 

 ご家庭で一度、お子さんのお口の奥のほうを見て確認してみましょう。奥歯が生えかかっていないでしょうか?子供の歯の奥歯が出てくるのが3歳ぐらい、大人の歯の奥歯が出てくるのが6歳ぐらいです。出てきた直後が一番虫歯になりやすいタイミングです。 


 乳歯の形態は永久歯に比べ凸凹が大きいです。そのため歯ブラシの毛先がなかなか溝の奥まで届きにくく、ブラッシングが難しいです。そして萌出したてのときのエナメル質は表面の硬さが不十分で、虫歯菌の出す酸に溶けやすく、非常に虫歯になりやすい状態です。また、6歳臼歯は一番奥の目立たないところにでてくるので、なかなか気が付きにくいです。気が付かなければブラッシングはできないので、歯が出来上がる前に虫歯になってしまいます。


 わかつき歯科ではお子さんの虫歯予防のために「フッ素塗布」や「シーラント」をしています。「フッ素塗布」は歯を丈夫にし、虫歯になりにくくします。ご家庭用のフッ素より高い効果の望める歯科医院専用のフッ素です。「シーラント」は凸凹の虫歯になりやすい部分を、プラスチックの材料で埋めてしまいます。そうすることで溝に食べかすや汚れがたまらなくなります。


 乳歯の奥歯と、永久歯の奥歯が出てきたときがシーラントのグッドタイミングです。でもシーラントで何もかも完全というわけではありません。シーラント自体は接着剤でくっつけているだけですので、欠けてしまうことがままあります。欠けたまま放置すると、汚れが溜まり虫歯の原因となります。また、シーラントのできないところがあり、歯と歯の隙間などはブラッシングがやはり大切です。対策としては定期検診でブラッシング指導、クリーニング、フッ素塗布を行い、必要な際に再びシーラントをすることが大切です。