歯周病

歯周病

 日本人が歯を失う原因のトップは、実は歯周病です。しかも気づかない間に進行し、ご自身で気付いたときは手遅れなことが多く、一度に何本も抜けてしまうことが多く被害は甚大です。

 歯周病は歯肉炎と歯周炎に分けられます。これらは全身に影響があり、動脈硬化や糖尿病に悪影響を与えます。特に高齢者は歯周病の予防と治療に取り組むことが大切です。

歯周病のチェック内容としては、1,触るとグラグラする。2,歯茎がムズムズする。3,歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなった4,口の中が粘々する。5,たべたり飲んだりした時に歯がしみる。6,口の臭いが気になる。7,歯磨きすると血が出る。8,歯が長くなったような気がする。などがあげられます。

 


歯周病の原因

 歯周病の原因について解説します。虫歯とは菌の種類が違うのですが同じ感染症です。プラーク中に住んでいる細菌が引き起こします。また歯石があるとプラークが非常につきやすくなります。ですので予防のポイントしては歯牙の周りにプラークがついていないことと、歯石がついていないことの両方が大切になります。プラークは日頃の歯磨きで対応します。歯石は名前のとおり石のように硬く、しっかりとこびりついているため歯ブラシでは取れません。これは歯科医院で特殊な器具、装置でとる必要が出てきます。プラーク中の細菌によって歯茎に炎症が起こり、歯茎が腫れてきます。また歯周病菌は空気を嫌う性質があるため、空気に触れにくい歯周ポケットの中で増殖します。

 それ以外にも歯周病の原因はあります。①歯にかかる異常な力②精神的肉体的ストレス③喫煙④糖尿病、などが挙げられます。これらが複合的にかかわって歯周病が進みます。①にはさらに細かく述べるとA噛み合わせが悪い。B 歯ぎしりがある。C 残っている歯が少ない。D 奥歯ですりつぶすように噛む人。などがあります。

 


歯周病の歯磨き

歯周病は国民病とも言え、成人の80パーセント以上がかかっています。20代の数字も入っているので、ほぼすべての方が歯周病と言っても間違いないです。
歯周病は口の中にいる常在菌が増えることにより、歯茎が炎症を起こす病気です。歯磨きが不十分だと、常在菌が繁殖して歯周病が悪化します。

 

歯周病の起こる時期

歯周病は高齢者がかかるものだと一般的に思われていますが、病気の実際のなり始めはかなり若い時期からです。若年者で急激に悪化する人はごく少数ですが、多くの方が20代からゆっくりと進行が始まっています。
初期の段階では自覚症状が何もないため、ご本人が何かおかしいと感じて歯科医院に駆け込んでこられる段階では、かなり悪化してしまっているケースが多いです。虫歯の定期検診に通われている方は、早期発見が可能になります。