入れ歯

1、入れ歯の種類

 入れ歯を区別すると、「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類になります。歯が一本も残ってない時が「総入れ歯」、歯が一本でも残っていれば「部分入れ歯」となります。また保険で作れる入れ歯と、保険が適用されずに全額自己負担が必要となる自費治療の入れ歯に分けられます。


2、入れ歯の構成

 ①人工の歯②歯茎の上に乗せるベースとなるプレート③固定装置があります。それぞれにいろんな素材が使われます。保険の入れ歯はルールで素材が決まっており、患者様の細かい希望には沿えません。自費治療ですと様々な工夫を凝らすことができます。保険の入れ歯はシンプルな構造でコスト面に優れています。それに対し自費の入れ歯は機能、審美性、耐久性を重要視しています。自費の入れ歯の方が適合が良く、ご自身の歯を残すのにも有利です。


3、自費の入れ歯の種類

①金属床の入れ歯

 入れ歯の一部分を薄い金属に置き換えます。保険材料の樹脂よりも数段薄くつくれるため快適です。丈夫で清潔な上、熱も伝えるため食感がよくなります。使われる金属には、コバルトクロム、ニッケルクロム、金合金、チタンなどがあります。昔からある作り方でまた患者様に一番多く使用されています。

②金属のバネがない入れ歯

 ノンクラスプデンチャーと呼ばれます。金属のバネがなく、弾力性のあるピンク色の目立たない材料を用います。見た目が良く、付け心地が良いのが特徴です。特殊な材質のため臭いも付きにくいです。従来の入れ歯より薄くて軽いうえ、割れにくいです。メリットは多いのですが、お口の中の状態により、作ることができない場合もあります。金属床との組み合わせも可能です。

③磁石を用いる入れ歯

 残っている歯の根っこと入れ歯にマグネットを取り付け、磁力を用いてくっ付けます。難点としてはご自身の歯が残ってないと制作できません。

④アタッチメントの入れ歯

 クラスプと呼ばれる針金を用いず、精密な目立たないパーツを用います。

⑤コーヌスクローネの入れ歯

 テレスコープアタッチメントともいわれます。入れ歯と差し歯を組み合わせとして作ります。バネが全く見えないうえに、しっかりと固定できます。自分の歯に被せ物で凸状にし、入れ歯の方を凹み状にします。デメリットとして、破損時の修理がほぼききません。

⑥ソフトデンチャー

 患者様の顎が痩せていたり、骨が出っぱっていると、通常の入れ歯は痛いことが多いです。歯茎に接触しておる部分に、特殊加工を施し、痛みを感じにくくします。

 弾力性の強いシリコン素材(軟性樹脂)を使用します。粘弾性のある素材なので、咬む力がアップし、歯茎にかかる負担が減ります。安定性にもすぐれ、長期間連続使用ができます。金属を用いないので、金属アレルギーの心配がありません。

 


適合の良くない入れ歯を使い続けると、「認知症」が進みやすいといわれます。「痴呆」を防ぐためには、調整されたしっかりとした入れ歯を使うことが大切です。

ガムを噛むことが眠気防止になったり、脳細胞が活性化される助けになったり、することは有名です。入れ歯でも同様で、顎をしっかりと動かすと脳への血液量が増え、脳細胞が活性化されます。

また、入れ歯を使っていなかったり、合わない古い入れ歯を使い続けていると、かみ合わせや顎の位置がずれてしまっていることが多いです。顎がずれると正しい姿勢を維持することは困難になってきます。適合のよい、かみ合わせのあった入れ歯を使うことで、姿勢が良くなります。姿勢が良くなると、転倒による骨折や捻挫の防止となります。

最近ではこのようなことを、しらべられたお子さんがご両親を連れて、歯科医院に訪れることも珍しくありません。